我が家にミントがやってきた

最近しょっちゅう目にするお掃除ロボット

けっこういろんなメーカーから出ているみたいだけど、その中から私が選んだのはこれ、『mint』(ミント オートマティックフロアクリーナー)です。

とくに有名なル○バはゴミ、ホコリを吸引する掃除機ですけど、基本的にわたしは掃除機はこまめにかけてるし、それくらいは自分でやりたい派なので、そうではなくてわたしにとって面倒な雑巾掛け、モップ掛けをしてくれるタイプのものを探していたら、このmintに行き当たったってわけなんです。

乾拭きと水拭きの両方ができるので、まさしくわたしが求めていたもの!というわけでさっそく注文しました。そして届いたのがこの箱です。

うちのワンコが興味津々で寄ってきました。

そうなんです。このコがいるから、我が家の床掃除は大変なんです。いくら掃除機をかけても、すぐにワンコの毛がたまっていたりして、これは拭き掃除をして徹底的にやらない限りダメだ〜って思ってたんですよね〜。

さっそく開けて見てみよう

ショップジャパンの外箱を開けると、まず小さい箱が目に入りました。手に取ってみてすぐに納得。ショップジャパンでmintを購入すると専用クロスが3枚おまけについてくるんです。

白いの2枚が乾拭き用クロス、グレーのが水拭き用です。

内箱はこんなふうに真っ白で持ち手が付いています。まあ、一旦出してしまえば箱に戻して持ち運びする機会はあまりなさそうなので、あんまり必要ないかな(笑)この箱の開き方がちょっと変わっていて……

ほらね、真ん中から縦に割れるんですよ〜。横で見ていた子どもが「おおっ!」て変な所で感心してました(笑)

 

本体とご対面!

内箱を開けると、まずこのクイックスタートガイドが一番上に乗っていました。

取扱説明書も別にあるんですが、わたしのように説明書を読むのが大嫌いで、とりあえず動かしてみようっていう気の短いタイプの人には、このクイックガイドってかなり重要なんですよ。

裏返してみると、クイックガイドといっても結構詳しく書かれています。手順通りに書かれているので、これを見ながら使い始めればいいってことね!

これは本体以外の一式です。右手奥が電源アダプター。左手奥が単2乾電池2本。手前の左がまたしてもクロス3枚。おまけじゃなくて正規の付属分です。最後に真ん中の黒い四角の物体◆。これが重要な役割を担っているものなんですが、それは後ほど詳しく触れますね。

あ、ちなみにこれは私の苦手な取扱説明書。いわゆる取説(とりせつ)です。ま、これは横に置いといて。

そしてまだ新品らしくカバーが掛かってますが、mint本体です!ん?意外に小さいかな?

iPhoneと並べてみるとこのくらい。うん、やはり想像よりコンパクトですね。一瞬心許ないような気がしたけれど、考えてみたら小さい方が小回りが利いていいかも。ね!

準備、準備

mintを使える状態まで持っていけるように準備開始です。

まずこうしてクイックスタートガイドに載っているように、本体に付けられたテープやストッパー類を取り除きます。

こっちもスルッと抜いておきます。

お次は本体の充電です。降るに充電するまで8時間くらいはかかるようですよ。では、気長に待つとしましょうか。

 

次のページナビゲーションキューブへ⇒

 

コンパクトな床掃除ロボットクリーナー、ミントを購入しました。これで面倒な床を拭く【そうじ】から開放されると思うとワクワクします!

Copyright (C) ミント そうじロボットを本音で検証!画像レビュー!. All Rights Reserved.